30代オスの日々をつづる


by oOtaccomOo

カテゴリ:クラシックギター( 24 )

久しぶりに演奏会(クラシックギター)に行ってきました。

----
●渡辺範彦メモリアルコンサート
日時:2月4日(土)14:00(第二部)
場所:武蔵野文化会館 小ホール
費用:3,000円(前売)
----
d0047382_15274329.jpg


2004年のうるう年に惜しくも他界したパリ国際ギターコンクール優勝者『渡辺範彦』。この演奏会は渡辺に捧げられるメモリアルコンサートです。渡辺範彦のお弟子さんが出演しています。他界から2度目のうるう年ということもあって開催したのでしょうね。

プログラムは以下のとおり。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
1.ハンガリー幻想曲(J.K.メルツ)
  演奏:西村 弘

2.モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲(F.ソル)
  演奏:奥山 由行

3.パッサカリア(G.F.ヘンデル)
  演奏:金内 政幸

4.天使のミロンガ、リベルタンゴ(A.ピアソラ)
  演奏:ぶんBun♪

 15分休憩

5.悪魔の奇想曲(M.C.テデスコ)
  演奏:前場 裕介

6.クレンビルの主題による変奏曲(S.ラック)、トリステ第4番(J.アギーレ)
  演奏:磯野 鉄雄

7.舟歌~カヴァティーナ組曲より(A.タンスマン)、主題,変奏と終曲(M.ポンセ)
  演奏:佐藤 弘和

8.タンゴの歴史よりボルデル―1900、カフェ―1930(ピアソラ)
  演奏:久保公二・宮川芳江(Vn)

9.アヴェ・マリア(F.シューベルト)、コーヒー・ルンバ(J.M.ペローニ)
  演奏:マリア・デュオ(菅原しのぶ・藤森洋子)
--------------------------------------------------------------------------------------------------

個人的に印象に残ったのは西村弘さん、金内政幸さん、磯野さんの3人です。
特に、西村さんの演奏は「なるほどお弟子さんだ」という印象。渡辺範彦の歌い方が息づいている気がしました。

■金内さん
金内さんのバッハは、3声の一つ一つがしっかりと歌われていて、とても心地がいい。楽器はハウザーをお使いなんでしょうか、とてもよく分離していました。

■磯野さん
磯野さんの音楽はあのメリハリが印象的。はじめて聞いた曲ですが、分かりやすかった。楽器は以外にも日本製、星野のようです。

■西村さん
上質な音楽性と、柔らかい音色がとても印象的。風体とは正反対の上品な演奏、ときにエネルギッシュでテクニカル、ときに歌うように聴衆を魅了していたと思います。今日は名器も多かったですが、その中にあって、ひときわ存在感のある音を放っていたのが、この西村さんの『エンリケ・ガルシア(杉か?)』でした。全体的な音の耳あたりがなんとも柔らかい。太くどーんと構えた低音と、エネルギーに満ち、それでいて品格のある高音。ああいう楽器は後世に残したいですね。


総じて、この3人の演奏+ヒロカズの演奏が聴けたので、3000円のチケット代も気になりませんでした。何よりまたギターを弾きたくなったのが収穫でしょうか。特にメルツのハンガリー幻想曲、タンスマンのカヴァティーナ組曲(ヒロカズ演奏)には触発されました。そして、良いギターが欲しくなった。


爪が伸びるのを待って、時間がとれれば練習したいと思います。
[PR]
by oOtaccomOo | 2012-02-11 15:27 | クラシックギター

久々の録音:LETTING GO

何かのおまけでついてきたマイクがガラクタ入れから発掘されまして、それを使って録音してみました。これがどうしたことか、前の2000円のマイクより明らかに安モノなのに、こっちの方が格段に音がいいんです(笑)

さて、録音したのはLETTING GO。Andrew Yorkの作品です。やっぱりいいですね、ヨークは。なんだかんだ言って、とてもギターらしいし、現代の僕らのこころにささる音楽です。

よかったらこちらで聞いてみてください。難しいのでどうしてもミスってしまいますね。困ったものです。恥ずかしげもなくUPしてしまうところはもっと困ったところですね。

ま、愛嬌ということで。
[PR]
by ootaccomoo | 2011-03-01 02:01 | クラシックギター
Fernand Sorの「主題と変奏 Op.15 No.4」にはどうやら大きく分けて以下2種類の楽譜が存在するようです。

1820年ごろ出版された『2 つの主題と変奏および12のメヌエット op.11』と、
1822年ごろムッソニエから出版された『Thème varié Op.15c』の2つです。

「Op.15 No.4」を音取りしていてやけに短いと思っていたら、よく聴いていたものは「Op.11」の方だということが発覚。そちらは6変奏、Op.15は4変奏。いやに短いわけです。

そしてゼンオン・ギター・ライブラリーの『演奏会用ソル名曲選集』はどうやらパリのムッソニエ版、すなわちOp.15cを元にしているようです。これは菅原さんのソル倶楽部版から分かります。

うーん、現代ギター版でいいからOp.11の楽譜もほしくなってきますね。

ところで「Op.15 No.4」という作品番号を見ると「ん?」と思いませんか?

「No.4?」 ということは「No.1」「No.2」「No.3」などの姉妹版があるのかしら、と。


まとめ(追記)
①1820年:『Deux Themes varies et douze Menuets Op11』
②1822年:『Thème varié Op.15c』 (ムッソニエ版)
③1998年:『二つの変奏と十二のメヌエット作品11』(現代ギター版)
④1998年:『Op.15 No.4』 (ゼンオン版)
⑤2009年:『Op.15c 変奏曲ハ長調 Thème varié』 (ソル倶楽部版)

 ※①出版社につき未調査 タイトルが正しいか未調査
 ※②タイトルが正しいか未調査
 ※③出版年がおそらく正しくない(Amazonの表記にしたがっている)
 ※④出版年がおそらく正しくない(Amazonの表記にしたがっている)


さらに追記。
①の出版社をWEBでサーチしていたらOp.11の楽譜を見つけてしまいました。
http://hr.cantorion.org/music/1824/2_Varied_Themes_And_12_Minuets_Nota
どこの版か読み取れませんが、ダイナミクスの記号や速度指定が付されているので、僕のような学習者には向いていますね。

[PR]
by ootaccomoo | 2011-02-20 02:44 | クラシックギター
やっとこさ音とりが終了しました。
古典にいったのはやはり正解でした。とても勉強になる。
選曲も正解。消音を除けば技術的に難しくないので
ダイナミクスの勉強にはもってこいです。
何より、とてもかわいらしい曲なので気に入ってしまった。

これからやることは
・第三変奏以降の暗譜
・スラスラ弾けるようにおさらい
・ダイナミクス/曲想の研究
です。

これが出来たら、一度師匠のとこに遊びに行って
ワンレッスンしてもらおうと思います。
[PR]
by oOtaccomOo | 2011-02-16 23:50 | クラシックギター

グランソロ覚書

気づいたことのメモ
アレグロの出だし、ダイナミクス(ニュアンス)の付け方。
1~2(普通)、3~4(やや弱く、丁寧に)、5~8(メロディーと低音を弾き分けて、ずっしりとしたベースにメロディーを軽やかに乗せる)のそれぞれダイナミクスを変えて弾き分ける。

低音とメロディーを常に頭の中でパラレルで聞きながら、弾き分けることが大事。伴奏も同様に弾き分ける。

主題と変奏は第二変奏まで音とりした。
[PR]
by ootaccomoo | 2011-02-06 00:38 | クラシックギター

基礎へ

2年ほど前に再開したクラシックギター。ヨークやメルリン、タンゴやボサノバなど、わりと好き放題に弾いてきましたが、ここ最近にきて、何かこう・・・ 突き抜けた感じが無いというか、パッとしないというか。

よって、基礎勉強に戻ろうと思います。ダイナミズムとか緩急の勉強は古典がもってこいかな、ということで、ほんとはバロックに行きたかったんですが、古典派へ。はい、懲りずに F.Sor へ笑。グラン・ソロの惨敗も冷めやらないところですが、今度はテクニカルでないほのぼの曲へ参ります。

課題曲はコレ
Theme Varie F.Sor Op.15 No.4

主題と変奏ってやつですね。以前から弾きたいと思っていた曲です。第一変奏まで取り終えたのであと第2~第4変奏です。久しぶりに師匠に教えてもらいながらアカデミックに弾けるようになってみたいと思います。

そうしたら次はどこに行こうかしら。。
[PR]
by ootaccomoo | 2011-01-30 17:34 | クラシックギター

カラ やぶるかも

正しく弾けることの楽しさは、自己満足

感情の強弱と喜怒哀楽、緊迫と脱力、高まりと歓喜、そんなことが表現できて初めて音楽なんだ

ガンガントンガレバヨカッタンダ
[PR]
by ootaccomoo | 2011-01-06 23:38 | クラシックギター

わかった

そうか ダイナミズムを忘れていたんだ
[PR]
by ootaccomoo | 2011-01-06 23:30 | クラシックギター

児童センターフェス結果

11日土曜日に演奏してきました。

○セットリスト
アルハンブラ宮殿の思い出
レッティング・ゴー

ステージ時間が限られてしまったようで直前で2曲(10分)程度でお願いされ、この2つを演奏しました。10分と言いつつも、セッティングやらで、20分ほどかかったと思います・・。
両方とも発表したのは今回がはじめてだったわりには、まぁ、良かったと思います。正直言うと良くなかったですが、もう終わったことですしw よしとしましょうw

さて、18日は友人宅でパーティで同じ曲目、また19日はギター仲間の忘年会なのでまた同じ曲を弾こうと思っています。正直、トレモロがイマイチいけてないです。スピードとアルハンブラの曲想がなかなかうまく表現できず、苦しんでいます。

アルハンブラの目指す演奏は牲川和希さん。お若いのにとても情感豊かで、他にない名演だと思います。

これ
http://www.youtube.com/watch?v=P_POzqEk-H0

これからしばらく演奏会がないので、レコーディング機材でも買って、musictracに上げることでモチベーションを維持したい・・・ と思うわけですが、やはり先立つものを連れが出してくれないことには・・・。悩ましいです。
[PR]
by ootaccomoo | 2010-12-14 01:29 | クラシックギター
うーん。思い悩んでしまう。
このセットリスト、なんかバラバラすぎてダメだこれ。美しくないというか、ちょっと変えたくなってきました。

今回の狙いはこの2つです。
① クラシックギターの伝統的な曲を紹介すること
② 若者がクラシックギターをやりたくなること
クリスマス云々はさておき。

そして時間は20分。5曲ほどでしょうか。
僕の少ないレパートリーだとここらあたりが良いかもしれません。


セットリスト
1.アルハンブラ宮殿の想い出
2.素朴な歌
3.フェリシダージ
4.レッティング・ゴー
5.タンゴ・アン・スカイ


※1、2でクラシックギターの良さを、3、4、5でカッコ良さを
 演出できたらいいと思います。若者たちがギターに興味を
 持ってくれたら、勝ちです。

なかなかシンプルで良いプログラムになりました。
自分の狙いも反映できています。これで行こうと思います。


#追記
その後、2曲に限定してほしいという連絡が。
家内と相談の結果アルハンブラとレッティング・ゴーにしようと思う。
[PR]
by ootaccomoo | 2010-11-22 00:31 | クラシックギター