30代オスの日々をつづる


by oOtaccomOo

カテゴリ:遠足/旅行( 8 )

JALパックで福岡へ

出張で福岡に来ています。


今回は事前予約をしておいたので、安いビジネスパックで来ることができました。スカイマークの安いチケットでも往復で4万円ほどしますが、ビジネスパックだと「フライト往復」「ホテル一泊朝食付き」「ベンリチケット1000円分」がパッケージされて、3万円ちょっとで済むという破格ぶり。おまけにJALなので、座席の座りごこち、スペース、共に申しぶんない。

食事まではないものの、無料でコーヒーやジュース類が出たりキャビンアテンダントの対応も良いので、スカイマーク慣れしているボクには、それはそれは優雅なフライトになりました。

とりわけ、機内でイヤホンで聞くことのできる「JALクラシックチャンネル」は初めて聞きましたが、選曲がすばらしい。壇ふみ の案内で流れる音楽が鼓膜を心地よく振動させる。


■JALクラシックで発見したonly heavenly musicは買い
ちなみに一番気に入った曲は、カール・ジェンキンス作曲のステラナタリスからの一曲。

Only Heavenly Music

Stella Natalis

Karl Jenkins / EMI Classics

スコア:


ケイト・ロイヤルのソプラノがすばらしい。これは買おうと思う。


■大分/福岡の豪雨
さて、そろそろ話を戻そう。
今週の九州は梅雨前線が停滞して大分・福岡を中心に過去最大の雨量を観測し、大分の一部地域では1年間の1/10の降雨量が、わずか3時間で降るなど、地球環境がまさに“変動しつつあることの現れ”とも言えるような様相を呈しています。

そんなさなかの福岡入りです。こちらも肝を据えて出発しましたが、九州上空にさしかかると、雨どころか雲もなく、キレイな町が見えるではありませんか。福岡と言えども一部では豪雨でも、北部は普通に晴れていて、普通の生活が営まれていました。さすがに蒸してはいるものの、キレイに星空が見えて気温24度と申し分ないコンディション。

祇園界隈で長浜ラーメンと餃子をいただき、ホテルで就寝。


■福岡城 天守台到着と同時に太陽がのぞく
そして、一夜明けて今日。午後(このあと)の仕事まで時間があるので、ここはせっかくだから福岡観光することにして朝食と仕事をサクッと片付けてそのまま福岡城址へ。

今日はさすがにベストコンディションとはいかない。天候は雨。蒸している。福岡城址は地下鉄「赤坂」で下車してすぐのところ。雨なので道はぬかるんでいる。折畳カサを片手にiPhoneのシャッターチャンスを伺いながら、外堀のハスや裁判所を脇に見ながらテクテク歩く。

さすがにこの天気でお城見物に来るのはボクぐらいなものだった。

城址内のあちこちには観光客に向けた案内板がある。50余万石を統治する城だけあって一つ一つが大きく広い。政をつかさどる最重要施設なので軍事的な防衛も良く考えられている。案内板を見ながら、この居城全体のマスタープランを考えた“誰か”に思いを馳せないわけにはいかない。

これは東二の丸の広場の植栽。思わずパシャリ。
d0047382_199130.jpg

東二の丸から天守台へ上がる門(とても狭く設計されている)の両脇上には櫓が立てられ、そこを通過する敵兵を上から射落としたり、石落で一網打尽にしたりと、防衛に余念がない。お城としては一般的な装備であるにしろ、当時のおそらく九州で1・2を争うような頭脳集団が軍事的な要素を取り入れつつ建築としての美しさも最大化したすばらしい建築物であった(に違いない)。その“誰か”の仕事力やさぞ、と平社員の自分は身震いを禁じ得ない。

天守台に着いた丁度そのころ、パタリと雨が止み、太陽がのぞき始めた。

運がいい。城下360度を見渡せるすばらしい立地。大濠公園が見え、向こうには福岡タワーが見える。
天守台の案内板いわく福岡城には「天守閣が無かった」というのが定説だったらしい。近年の文献研究では天守閣の存在を匂わせる証拠も発見されているようだ。


■うって変わって中州は豪雨
大濠公園を散策して、地下鉄で中州川端へ行くと、さっきまでの天気はうそのような豪雨に変わっていました。写真だと豪雨加減が伝わらないですが、傘は全く効果がなく、あっという間にビジネスバッグとズボンがズブ濡れになり、あわててカフェベローチェに避難。今こうしてノートPC「lenovo X200s」をタイプしているわけです。(そろそろ新しいのにして欲しいな・・・)
d0047382_1995479.jpg



帰り際に一蘭本店でラーメンと替え玉をたしなみ、20:05のフライトで羽田に帰着。帰りは+1000円のclass J でくつろぐことができました。JALをとても気に入ってしまった福岡小旅行、じゃなくて福岡出張でした。
[PR]
by oOtaccomOo | 2012-07-04 13:06 | 遠足/旅行

2011年 初滑り

友人とハンターマウンテン塩原へ。

天気に恵まれ、最高の一日になりました。ハンタマははじめてでしたが、手軽に行けて良いところでしたね。天気が良かったせいか、途中からとても混みあって滑るのが大変でした。

昼食は山腹にあるレストラン 「(なんとか)メラメラ」というお店で食べました。名前が分かりづらく、忘れてしまいましたw 窯焼きピッツァを出してくれるお店で、マルゲリータがとてもおいしかったです。ランチやパスタもありますが、次からは迷わずひとりずつピッツァを頼もうということになりました。

お店の看板
d0047382_145055.jpg

ここ最近でこんなに混んだのは初めてでした。スキー場に人が帰り始めているのか。やだなこれから混んでくるのは。。 スキーブームとかホント勘弁です。。
[PR]
by ootaccomoo | 2011-02-07 01:45 | 遠足/旅行

コンパクトにBBQ

BBQ:
 楽しみな反面「ひと仕事・・・」

 ⇒今回はとてもライトに実行

  ●今回は釣り&BBQ
   オヤジ、姉と甥、嫁と息子と僕、という6人
  ●流れ
   7:00到着
    ↓
   場所選び
     ⇒成功。木陰の場所を選ぶ。炎天下はきつい。
    ↓
   居場所づくり
     ⇒一部失敗。回りにおちているもので
      自分たちが使いそうなものは集めておく。
      今回は丸太ベンチが横にあったのに
      あとから来た団体に取られてしまった。。
    ↓
   かまどづくり
   釣り開始
    ↓
   嫁、姉と子供たち水遊び開始。
    ↓
   BBQ開始
     ⇒メニュー
      焼き肉、焼きそば
    ↓
   片づけ

  ●持ち物
   カルビ300g、焼き肉のタレ、
   豚小間、キャベ、ピーマン、
   もやし、焼きそば、お好みソース
   紙コップ、紙皿、割り箸、焼きゴテ
   新聞紙、薪、小枝、お茶、おやつ

  ●足りなかったもの
   火箸、焼くときのトング、うちわ
   木炭、レジャーシート、木炭コンロ?

以上
[PR]
by ootaccomoo | 2010-08-08 19:24 | 遠足/旅行
今年のGWは埼玉県を小旅行。
17号沿いを走っていると「乗馬←」という看板があるので
行ってみる。

馬小屋にたくさんウマが並んでる。あたりまえだけど
すごく大きい。圧倒される。

「すぐ乗れる?」
「土日2回コースで4200円です」
「んじゃ1鞍のらせてくれ」

ホワイティーが馬場に来る。葦毛の10才ほどのレディー。
だいぶ年とってる方なのかな。。

おもろかったよ。
ホワイティーとオレのリズムがうまく合わなかったけど
はじめての乗馬にしてはいいんでないかな。
弾む早足が心地よし。

乗馬を終えてまたふらふらとドライヴする。
トラックが横向きになって道をふさいでいた。
曲がり損ねてイジイジやってるのかと思ったら、
大事故だった。フロントつぶれてた。
よく運転手は無事だったもんだ。

迂回して”のろし”の方向へ舵をとる。
途中の小川で下りて花を摘む。相方の耳にかけて写真を撮る。
我ながらセンスが良い(爆

そのままのろしへ。ふるさとの森入り口にたどり着く。
山を歩き、つきあたり、まむしだらけの木の橋の上で
じっとする。

道の駅へ。小川沿いの小さい道を歩いていると、
カーセックスを発見する。カーセックスっていうよりも
「カーの外に出て大声出してセックス」って言った方が正確だ。
僕らの存在に気づくとすぐ中に入ってそのまま去ってしまった。
どうせなら最後までやってほしかった。参考までに。

2羽のはぐれたアヒルを見てほたるの木の話をして埼玉で泊まる。

そんなこんなで、ほろ苦く、甘く、哀しく、楽しく、
心地よく疲れる日を過ごせた。

相方さん、また一緒に旅をしよう。
[PR]
by ootaccomoo | 2008-05-20 22:28 | 遠足/旅行

広島→大阪旅行

▼一日目 宮島 グランド有もと 曇り

厳島神社へ行くも、潮が引いていたので鳥居の根元に行く。干潟は小さいヤドカリで埋め尽くされていて、踏みつけながら裸足で歩く。大丈夫、多分つぶしてはいない。その後、裸足のまま散策。ツレ、足の裏を負傷するw

道端のあちこちでシカが寝たりしてる。途中3匹のシカにつきまとわれる。ジーパンのケツポケに入れていた地図を食われる。取り返そうと引っ張るも返してくれないので諦める。

あたりを散策した後、宿へ戻る。

夕食&風呂後、生中(ジョッキ)を片手に、そのまま外へ散歩に。神社裏手の階段でツレと涼む。催したので一人トイレを探しに1分ほどあたりを探索。途中、手のひらほどのカニが道を歩いているのを発見。ツレに見せようと思い捕まえるも指を挟まれ断念。

涼んだのち、宿へ戻り寝る。


▼二日目 宮島 グランド有もと 豪雨

低気圧が丁度きていて、一日中雨。午前中一杯寝る。午後から厳島神社へ行き、潮が満ちた状態の厳島神社を見て感動。雨に煙る山海に浮かぶ厳島神社はなかなか素晴らしい。

ランチにアナゴ丼を食べる。旨い。

その後、雨のなか意を決し、弥山ロープウェーへ。獅子岩につくと雨は豪雨へと変化。風を伴った豪雨の中、猿園(山)を登っていく。階段は軽い洪水状態だったが、ものともせずツレと登る。東屋で休憩していると何故か感極まり上着を脱いで豪雨の中へ。そんな折、もの好きの女性二人組みが豪雨の中登ってくるので、いそいで東屋へ戻りTシャツを着る。何もなかったかのように装う。

宿に戻りディナー。ツレは日本料理が口に合わないと嘆き、故郷の料理の話をしきりに持ちかけてくる。軽くあしらいながらおいしい料理に舌鼓を打つ。いや、素で、贅沢した。


▼三日目 宮島→大阪 ヒルトン 曇り

大阪へ移動する。大丸でランチを食べ、心斎橋筋を散策に。その後、大阪の友人と合流し、居酒屋へ。久しぶりに友人と会えて心が和んだ。こんな機会でもないと中々会えないのがちとさびしいが、会えてよかった。


▼四日目 大阪 ヒルトン 曇り

午前中から色々と回ったきがする。あまり覚えていない。海遊館でジンベイザメやクラゲを見て癒されたり、天保山の大観覧車→忍者屋敷などを回る。忍者屋敷の存在は知らなかったのだが、呼び込みの漫才風スタッフに呼ばれるまま寄ってみることに。忍者屋敷なんていわれてもピンとこなかったが、これお化け屋敷の忍者版でした。案外、コレがこの旅での一番ヒットだったかもしれない。

そうそう。大阪城行ったんだった。


▼五日目 大阪→東京 高輪プリ 晴

大丸でツレのショッピングに付き合い、14:00から文楽へ。この年になって初めて日本の伝統芸能を自費で見に行った。なかなか面白い。今年中に歌舞伎、能、狂言あたりを制覇したい気分になった。

その後、新幹線で東京へ。新幹線の中でツレと少しモメル。


▼六日目 東京→成田 快晴

ツレが帰国するため成田へ見送りに行く。リムジンバス内で腹痛になり、いっぱいいっぱいだったため、寝る。起きると復調していて上機嫌。日本茶三点セットを土産に持たせる。出国ゲートで見送る。その後、空港ビューで飛行機が飛ぶのを見て、駅へ向かう。道中および京成スカイライナー内で何故か涙し、視界を奪われる。


▼所感
天気が悪い日ばかりだったが、概して楽しんだ。宮島ロープウェー後の豪雨は特に楽しんだ。

食事は番外編を含め、「有もと」の夕食、新宿JR南口付近のうどん屋の鴨せいろ、恵比寿ガーデンプレイスのスパゲティーが旨かった。

贅沢させていただきました。


▼番外編
ハリーポッター、お台場観覧車、恵比寿ショッピング、明治神宮チラ見、代々木公園散歩アンド昼寝など
[PR]
by ootaccomoo | 2007-07-25 01:13 | 遠足/旅行

道志2

d0047382_23462131.jpg

[PR]
by oOtaccomOo | 2006-03-26 23:46 | 遠足/旅行

道志1

d0047382_2343884.jpg

[PR]
by oOtaccomOo | 2006-03-26 23:43 | 遠足/旅行

名栗川→多摩川へ

d0047382_20323655.jpg
今日は釣りに行ってきた。朝5時に起き、目指すは入間川の上流部に位置する「名栗川(なぐりがわ)」。ネットで釣り情報を検索して見つけた場所だ。それによると、ルアーでヤマメが釣れるとのことだったので結構期待して行った。

大きく迷うこともなく無事現地にたどり着き、川を見てみると、なんだか水量がえらく少ない。。 この水量で釣れるのか??と思いながら遊漁券を求めて歩いていると、地元のおっさんに遭遇。橋の上でおっさんらが油を売っている。早朝だってのにご苦労なこった。すかさず遊漁券売り場はどこかたずねると、江戸っ子口調で(埼玉県なのに・・・)、「この道をまっすぐ行くってぇと・・・云々」。 無事遊漁券をGET。おっさん、ありがと。

有間ダム合流部から、下流2kmほどまで、くまなく漁(あさ)ってみたが、ヒットなしのノー・バイト(いつもどおりなわけだが・・・)。水量がえらく少なく(この日がそうなのか、いつもあの程度なのかは不明)。ルアーを泳がせられるポイントが非常に少なかった気がする。でも、釣り情報サイトによればこの川のこのポイントで実際に何匹もあげているらしいのです。やっぱり俺、釣り、むいてないのかな。。

このまま引き下がるわけにもいかず名栗村から車で南下。多摩川上流を目指した。御岳駅付近から川に入り、ここでリリースサイズのヤマメがかかる。が・・・ 陸に上げた瞬間に針がはずれ、ばれる(号泣  惜しくも釣果ならず。。。

その後、まったく当たりがなくなり、またもや場所移動。今度は多摩川をもう少し上流に上って、川井キャンプ場付近で入川。ここで昼から夕方までふんばったが、1匹も上がらなかった上にノー・バイト(超号泣

そして帰宅。
俺、釣りむいてねー。ぜったい。

写真は、名栗川の有間ダム合流部付近から、下流方向を写したもの。釣れはしなかったが、なかなかキレイなところだった。ところどころでウグイスが鳴き、心地よい5月日和を満喫できた。ただ、河岸がブロック塀のようなもので固められてる部分が多いのが少し残念だ。なぜ、河岸を固めてしまうのだろう。。。 (河川の氾濫が理由なのはわかるが)  自然を自然なまま残しておいて欲しいというのが本音だな。。  それによって災害が起こるとしてもね。その災害で人が死ぬとしてもね。
[PR]
by oOtaccomOo | 2005-05-20 20:25 | 遠足/旅行